お風呂の凍結予防|BOSS BLOG:社長ブログ|[設計・施工]株式会社SHOEI 一級建築士事務所 architecture + design building

BOSS BLOG:社長ブログ

2012.02.01

お風呂の凍結予防

今年は、寒いですね~。

寒いと、凍結のトラブルが。。。
気温が4℃を下回ると、水道管の凍結などがグッと多くなります。

おととい、お客様からTEL。

追い焚き機能付きの風呂の凍結予防のお話です。

「社長さん!お風呂(追い焚き)のお湯が出なくなったんです~!
10分後に旅行に出かけるんですけど、このままほっといていいんですか?」とSOS。

「10分しか時間が無いんですか。。。 (~ヘ~;) 」と、状況を伺うと、

追い焚き配管が凍結した様子。

「追い焚きの場合は、浴槽の中の金具(お湯の循環口)が隠れるまで
残り湯をはっておきましょう!」

追い焚き配管が凍結しそうになると、自動的に、追い焚きポンプが循環し、
凍結を防ぐようになっています。(メーカーの説明書をご確認ください。)

以上は、追い焚きの場合の一例ですが、
凍結防止に注意を払った方が当面よさそうですね。

一度、お使いの給湯器の説明書などよくご覧いただいて、凍結予防をしておきましょう。

もちろん、お問い合わせいただいて結構です。
「10分で教えてね!」というのは難しいこともありますので。。。(;^_^A