残していくもの|BOSS BLOG:社長ブログ|[設計・施工]株式会社SHOEI 一級建築士事務所 architecture + design building

BOSS BLOG:社長ブログ

2016.06.06

残していくもの

ポートランドの私の好きなお店のエントランスのタイル。

iriguti
雑貨などを扱っていますが、そのチョイスがどこの国にもどの時代にも属さない感じ。

ハンドクラフト、ヒューマン、クリエイティブ。。。

この2人のモノの見方は私的には世界レベル。
lo
いつか是非、お取引させていただけたらと思っています。

今週着工したカフェレストランのトイレのタイル。

この雰囲気も彼らと同じ世界感の中の表現。
toire mae

ただ和便器はさすがにお客様にとって、
どうなんだろーということになり
やむなく撤去。

和便を撤去したら、2Fへの水道管が床の右側に出てきた!
tekkyo

床が平らになる予定なので、エルボーが床から上に
飛び出てしまいます。

でも鋼管なので、床から露出させて、むき出しにすることに。

床はシンプルにコンクリート打ち放しの上にドイツ製のクリアー塗装。

壁は白いすきっりした腰壁タイルになる予定です。

むき出しの鋼管の水道管もインダストリアルな感じでいいかも。

水道管をアイアン塗料か、赤い色で塗ってもいいかな。

予算もかかるし、きれいに隠す必要もありません。

トイレの壁のイラスト。かわいいですね。

残念ながら、これは無くなってしまいます。

これ私的にもお気に入り!だったんですが。。。
tori

ドアのイラストは残すことに。
ki

リノベって、良いモノや記憶、経年変化したものを生かすことができて
とても面白いと思います。

新築には、それらをはじめから造っていけるという良さもあります。

あなたはどちらが良いですか?

選択肢が増えて楽しいですね!

P.S.
昨日はまた弊社ダウンステアーズがブラジルのSNSで紹介されていました。
ダウンステアーズ

ポルトガル語ですけど。。。

これで16カ国目。

がんばれDS!