ソーラーシステム/そよ風|[設計・施工]株式会社SHOEI 一級建築士事務所 architecture + design building

ソーラーシステム/そよ風

電気的なシステムに頼らずに、
太陽熱や夜間の放射冷却などの自然の力をうまく取りいれた、
暑い夏も、寒い冬も、一年を通じて家中が「心地よい」
理想の温熱環境をつくるシステムです。

採用実績

「そよ風」の設計にも施工にもノウハウが必要です。設計・施工実績が豊富なので、安心してお任せください。

  • IST
  • KZM
  • TZT
  • TKL
  • FKM

お客様の感想

  • まず一番良かったのは本当に暖かいことですね。冷え性で寒がりの妻にも大好評です。家のどこにいても寒くなく、ほんわかと優しい暖かさがとても良いですね。真冬になると外はマイナス5度以上になることもあるのですが、家の中は常に程よい暖かさを保ってくれます。底冷えもなく、子供は帰ってくるとすぐ靴下を脱いで裸足になります。家から外に出てみて、初めて「あっこんなに今日寒いんだ。」って気が付くくらいです。とにかく「そよ風」はぜひオススメしたい商品だと思います。
    (TKL HOUSE)

  • 隣の実家に住む母も、冬に我が家に入るたびに「この家は暖かい。春みたい」と言って驚いております。本当に健康的で、ランニングコストがかからないことも気に入っています。曇りの日や夜は補助暖房が必要ですが、わが家では薪ストーブを使っているためその他の暖房器具は全く使用していません。秋口や春先などはむしろ薪ストーブを使うと暖かすぎて汗ばむ日があるほどです。
    (KZM HOUSE)

  • 「冬は太陽が暖めてくれたやわらかな空気を、夏は明け方の凛と冷えた空気を、ただただ家の中にやさしく取り込む」という自然な発想。冬は晴天率が高く、夏は昼夜の寒暖の差が大きいという山梨の気候には、うってつけの仕組みじゃないかな。「そよ風」の空気の流れを誰よりも知っている大原さんの空間設計とあいまって、我が家では「冷房」「暖房」「空調」なんて意識せず、ごく自然体で暮らせているような気がします。とにかく気持ちいいんですよ。空気が。
    (FKM HOUSE)

山梨の気候にぴったりのシステム

山梨の気候にぴったりのシステム:環境創機の冊子より

しくみはシンプルです。
冬は、太陽によって暖められた屋根の空気を床下へ送り込み、床からゆっくりと吹き出し、室内はポカポカと暖かく。
夏は、夜間の放射冷却現象で金属の屋根が冷えますので、涼風を屋内に取り込み、床下から家の隅々へ。また、日中は、屋根の熱を利用してお湯とりも可能です。
朝晩の温度差を少なくするばかりでは無く、年間を通じて穏やかな温熱環境をつくりますので、夏と冬の寒暖差が激しく、日照時間の長い山梨県にはぴったりのシステムです。

  • 夏の効果はこちら
  • 冬の効果はこちら
夏の効果

※その他の季節も効果があります。 詳しくは環境創機のHPあるいはパンフレットをご覧ください。

  • 人にやさしいシステム

    熱は下からゆっくりと室内全体に伝わるので、玄関や浴室、トイレなどの通常暖房のない場所も同じ温熱環境にすることができます。同時に新鮮な外の空気を取り入れますので、小さなお子様やお年寄りはもちろん、すべての人の健康に良いシステムです。

  • 薪ストーブとの相性も抜群

    夜間や、天気の悪い日など、薪ストーブを焚くときに天井にたまった熱気を床下に循環させますので、効率よく家中を暖めることができます。

  • のびのびとした一体空間を心地よく、快適に

    家の中の温度差を少なくしてくれますので、例えば、のびのびとした開放的な一体空間、吹き抜け、光や風・窓外の緑をいっぱい取り込む大型窓などを採用する場合はまさに適したシステムです。空気や風、熱、温度など「見えないものをデザインする」ことによって、「心地よさ」を「かたち」に。

  • 経済的で環境にもやさしいシステム

    エアコンや灯油ストーブなどのように多くの電力や化石燃料を必要としませんので、とても環境にやさしいシステムです。ランニングコストはファンを回す電気程度ですので、とても経済的です(※)。
    ※寒い夜や、雨や曇りの日には補助暖房を必要とします。その場合の燃料は必要となります。

参考

そよ風パンフレット
  • ご希望の方には「そよ風」のパンフレットを差し上げます。右上のお問合せフォームよりお申し込みください!
    また、ご来社いただいたお客さまで、ご希望の方には「そよ風」の冊子を差し上げます。

  • 環境創機HP
    ECS 環境創機